地方より給与や待遇が良い

保育士と子供

都心部ということもあり、東京23区は特に保育士の求人が多いという傾向が見られます。また、地方に比べて給与や待遇面での優遇が見られることから、しっかりと働いて生活を成り立たせることができるのも東京の求人へ応募することの強みです。事実、地方の求人は自宅から通勤することが前提となっているため、それだけ給与水準が低くなってしまっています。ところが、都内であればしっかりとした給与が支払われるだけでなく、住宅手当なども充実しているので、20代でもそれなりの暮らしが成立するのです。保育士として仕事を探すのであれば、給与水準が高い都内で働くことにメリットがあります。

待機児童問題解消のための対策

保育士

都内は夫婦共働きの世代が多いことはよく知られています。そのため、働く女性の場合子供がまだ小さい頃から保育園に預けて仕事を再開したいと考えています。そうした状況もあってか、待機児童問題が長年課題となっていました。東京都が積極的に待機児童問題に取り組んだ結果、少しずつではありますが保育園にきちんと子供を預けることができるようになったのです。その背景には、保育園を増設し、保育士の求人を増やしたことによって保育園への入園が可能となったことが関係しています。保育士を養成するための専門学校や短期大学への求人募集も精力的に行われているため、需要と供給のバランスが整い、地域で保育士を確保しやすい状況が形成されつつあります。

新卒で仕事を探すなら

園児と先生

新卒で保育士の仕事を探すのであれば、やはり東京都内が有利な状況です。一般的に、保育士という仕事は地元志向が強く、求人も地元向けのものが多いです。家から通える徒歩圏内の保育園にて保育士を募集しているところも少なくありません。しかしながら、そうしたケースは待遇がそれほど良いとは言えないのが実情です。そこで、埼玉や千葉といった地方在住の人達は、東京都内で保育士の求人を探すという人も少なくないようです。新卒採用であれば待遇も良いので、地元で働くよりは都内へでてきて働いたほうが、有利な条件で仕事ができるという点が魅力なようです。実際、都内で一人暮らしをしながら保育士として働くことを目指し、就職活動を行う短大生は多いです。都内で働く場合には通勤手当が付くため、地元ではなく都内へのあこがれが強いという傾向が見られます。また、都内のほうが保育園の数が圧倒的に多いことから、就職にも有利に働くと考えられているのです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中